スリランカに吹く風 Sri Lanka’s Winds

VOL.5「夕映えの中で」

2、3ヶ月おきにスリランカに通い、会うたびに生徒達の身長は伸び、クラリネットは上達し、その速さに驚いた。演奏と一緒に音楽を鑑賞できたら、CDが欲しいなぁ~といつも思っていた。 
10年以上前の夏、4回限りの料理講座があった。その時同じグループだった2人とは今も時々会っては食事をしたりおしゃべりをしたりしている。ある時スリランカのことを話した。
するとその数日後、一人から連絡があり、話を聞いた。 
 30代後半の弟さんが少し前に病気でお亡くなりになった。弟さんは音楽が 大好きで10代の頃からおこずかいやお年玉でCDを購入し、約80枚ある。そのCDをスリランカへ持って行ってくれないか、というお話だった。 彼女に弟さんがいたことも、お亡くなりになったことも知らなかった私は絶句し、何と答えて良いかわからず黙っていた。その数日後大きな箱に約80枚のCDが送られて来た。見ると名盤の数々、今では入手するのさえ難しいものばかり! その約80枚のCDと小さなカセットデッキを持ってまたスリランカ行きの飛行機に乗った。 
生徒のお父さんで大工さんが大きな鍵のかかる棚を作ってくださり、CDを並べ、CDリストを作った。 練習の合間に生徒達とゆっくり聴いた。聴き終わると私が何も質問しなくても生徒達はいろいろ感じたことを話してくれた。自分の感想というよりは、この曲を書いた時この作曲家はこんな気持ちだったのでは・・、こんな思いではなかったか・・という言葉が多い。その言葉に私はいつも心洗われる思いだった。
 
 特にこんな美しい夕日を眺めながら生徒達と聴く名曲に言葉が出なかった。 

申し訳ないことで、あの料理講座のメニュー、何を習ったかは全く覚えていない。でも、その出会いから今、生徒達の前にはこんなすばらしい音楽が鳴っている。 友人の弟さんの思い、作曲家の思い、様々な人々の思いの中にいることをかみしめた。
真澄さんの写真と一緒に

シューベルト「夕映えの中へ」 Soprano:Barbara Bonney Piano:Geoffrey Parsons
Youtubeより

スリランカの夕暮れ